心がこもったペット葬儀 家族のように送ってあげたい

ブログ・お知らせ

ブログ・お知らせ

チロの日記一覧

1 / 41234

危機一髪② 飼い主の元へ

—-つづき—-

警察署に行くと、5人ほどの警察官がいて、事の経緯を説明しました。決まりなので聞いてこられたのかと思いますが、変な質問をされました。

「一応、拾得物扱いになるので、持ち主(飼い主)が見つかったときに何割かもらえる、、、」

要りませんって!!

「もし飼い主が見つからなかったら、そちらで引き取ってもらえますか?」

うちの家のスペースでは難しいですが、無理だったらどうなるのかと考えたら、、、究極の選択のように感じました。

 

幸い、同じくらいの時間に警察に捜索願いが出ていたので、たぶん飼い主さんだろうということで一安心。警察署に預けて帰宅しました。

1時間後、飼い主さんから無事再会できたと電話連絡があり、ほっとしました。

迷い犬無事保護されたワンちゃん

 

2018.12.12 チロの日記

危機一髪!① 迷い犬

以前、国道を往来するワンちゃんの記事を載せましたが(2018/4/25)、先日、白玉(しらたま・犬)の散歩中に思わぬ物に遭遇しました。

 

日が暮れて、国道から一本中に入った通りを散歩していました。大きなお寺の裏道でもあるため、ヒトケもなく、たいへん静かでした。

ふと、目の前を、一匹のワンちゃんが。白玉に鼻を近づけ愛想をすると、そのまま道の向こうまで歩いて行きました。

あれ? 野良犬かな? 首輪もしてなかったし。

 少し考えてみましたが、この辺りに住んで数年経ちますが、ノラ猫はいても、野良犬は一匹も見たことがありません。そして犬種。シェットランドシープドッグ系に見えたので、これは室内犬が何かの拍子で外出して、帰れなくなっているのでは?と思いを巡らせ、後をつけてみることにしました。

しばらくすると心配していたとおり、あの国道へ、、、帰宅時間なので交通量はピーク! 犬には寄ってきても、見知らぬ人には寄ってこないため、追いかけても逃げてしまう。何度か轢かれそうになりながらも、運転手さんたちがワンちゃんに気づいてくれて、みんな止まってくれたり、声をかけてくれたりして轢かれずに済みました。 そして信号が変わったちょうどその時、学校帰りのお兄さんが両手でがっちりと受け止めてくれました。

ずっと追いかけていた私たちは、お兄さん達にお礼を言って、警察に連れて行くことにしました。

 

—つづく—

2018.12.11

捨て猫や犬によく出会う人

ペットに関わる仕事に携わっていると、ときどき不思議な話を聞きます。

 

よく捨て犬や捨て猫に出会う。

 

そういう子と目が合ってしまう。

 

私が今みてあげないとこの子は死んでしまうのではないか。 

 

 

みんな、そんな優しい気持ちを持った人だったらいいのに。。。

 

ると

チロの日記 2018.11.1

 ☎0799-84-0700

ノラ猫ちゃんの末路

「猫に餌をあげないでください」と、住宅街などで張り紙をよく見かけます。

 

物乞いするように、”にゃあにゃあ”とすり寄ってくると愛おしくなってしまいますが、

中途半端な情はかえって猫ちゃんを苦しめることになります。

 

 一度餌をあげると、餌がもらえると学習した猫ちゃんは餌をもらえた場所に毎日来るようになります。しかしノラ猫がいて困る人もいます。ワクチンの注射を受けていないノラ猫にかまれたり引っかかれたりしたら、子供や高齢者など抵抗力の弱い人は大変です。そのため保健所などに引き取られることがほとんどです。その後愛護センターに連れていかれますが、その後の引取手がなければ殺処分されてしまいます。

 

 ノラ(猫)ちゃんを拾ってあげたいときには、えさや病院、生活環境から亡くなった時のことまで考えてあげるのが飼い主としての責任です。 時に、近所に住み着いたノラちゃんが亡くなった、とチロの日記に連れて来られる方がおられます。ノラちゃんにそこまでできるというのはその方の愛情が深いということでしょうね。

wild cat

【猫バンバン】小さな命を守るために

猫は好んで狭いとこや暗いところに入っていきます。冬場駐車している車のボンネットに子猫が入っていることがあるのをご存知ですか?子猫は暖を求めて暖かいエンジンルームに入り込みます。ボンネットを開けっぱなしていなくても、車の底から、子猫なら入り込むスペースは十分にあります。もしそのまま車を動かしてしまったら… そうならないためにエンジンをかける前にボンネットを”バンバン”と叩いてみてください。もし子猫がいたら驚いて逃げてしまうでしょう。

 

夏場は大丈夫かと言えばそうでもありません。車の陰は絶好の涼み場所です。タイヤの裏にいることもありますので夏の暑い時でも車の下を気にしてあげてくださいね。

 

 

交通事故にご注意!

1 / 41234