心がこもったペット葬儀 家族のように送ってあげたい

ブログ・お知らせ

ブログ・お知らせ

月別アーカイブ: 2014年4月

代々が入れるペットちゃんのお墓

亡くなったチロのお墓のデザインを考えながら、私と今を一緒に生きている女の子のダックスのチーズや男の子の柴系雑種のクマ、虎猫のタマが将来お墓に加わって来たら、チロは喜ぶかな?
チーズなら女の子だから喜ぶに違いない。でも、クマは男の子。ムッとするかも知れない。ましてや猫のタマなんて・・・どうだろう。

でも、時は違うけどみんな私と関わって私と共に生きてきた家族。
きっと敬遠しながらも許容しあうような気がしてきた。
こんなことを考えている自分がおかしくなってきて、仕事中ひとりでニヤニヤしていた(*^^*)

永代供養・先になくなった子も同じ所へ

4月21日 昨年まだチロの日記がなかった頃、同じ家族のペットちゃん、猫のSちゃんを亡くして別のところで供養をしてもらっていたが、姉弟なので同じ所へ納骨したいとSちゃんのご遺骨を胸に抱いて、「先の所を解約して連れて来ました。」と訪ねて来られた。
4ヶ月 納骨棚を契約されて、初盆を済まされてから永代供養をしたいとのことだった。
先に永代供養を済ましてもらっているBちゃんもきっと喜ぶのではないだろうか。

淡路ペット霊園

4月11日 霊園の整地が完成しました。
小高い山地から海が見えます。
さらには綺麗なサンセット(日没)の夕陽に心が洗われる素晴らしい霊園です。

これから区画決めをしていきます。
50cm四方を標準に決めていきますが、今なら、ご遺族のどのようなご意向にも沿って墓を建てることができます。お早い目にご相談下さい。

永代供養、納骨後の骨は返却できます。

チロの日記 納骨堂は、無料で納骨棚のお子様の分も毎日水替えとカリカリやクッキー等のおやつは週2回のペースで交換します。お花もご家族がお供え分が枯れると交換しています。
現在、永代供養のお子様は10匹、そのうち1匹のわんちゃんが(3ヶ月だけ)納骨棚に移りました。
チロの日記では、観音様の元に骨壺毎にお納めしておりますので、ご主人がお亡くなりなられ一緒に埋葬したいから返して欲しい・・・などのご希望に応じることができます。

チロの日記の納骨堂はとても落ち着ける雰囲気です。
 
お参りに来られたご家族は、1時間~2時間は納骨堂でゆっくりお供えをしたり、お子様に話しかけたりされます。「お線香は大丈夫ですけど、ローソクの火は消して帰って下さい。」のお願いも関係ないぐらい、ローソクの火が消えても尚納骨棚の前のベンチに腰を下ろし写真立てのお子様との時間を楽しんで帰られます。

喜んで頂いている。
納骨堂が出来て良かった。

観音様に手を合わせ、ご家族様がペットロスの悲しみから少しでも元気になって頂けるように毎日お祈りをしています。